アルフケン4冊目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

アルフケンの物理数学の4冊目、フーリエ変換と変分法をついに買ってしまいました。

この本は1冊買うと、その中で「別の巻を参照のこと。」が連発されていて、結局4冊とも買わないといけなくなってしまうという恐ろしい本です。

まあ、私の様なあほな読者がいるので、出版社も分冊にするのをやめられないのでしょう。

この本は全体を通して読むと、それぞれの分野のつながりが分かって良いのですが、一冊の値段が高いのです。

4巻は4200円でした。

買う人が多い応用数学の本なのに、ちょっとボリすぎですよ・・・ね?

せめて問題の解答をつけてくださぃ・・・(´Д⊂

050711-1650.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

こんな記事も読まれています

コメントを残す