研究室を選ぶ基準。

今まで、研究室を選ぶ基準として、

研究内容が面白そうなこと。

居室からの景色が良いこと。

電磁波をあまり浴びないこと。

教授と気が合いそうなこと。

と4つくらいを考えていたのですが、

居室が綺麗なこと。

も、忘れていたけどかなり重要ですね。

あぶないあぶない。

理論系は景色が素敵だけど、教授と気が合わない気もするし、

実験系は研究室が多くていろいろ選べるけど、電磁波&地下のじめじめ感がダメ。

やはり、ここで決め手となるのが部屋の綺麗さ。なのかもしれません。

お菓子を食べつつ、コーヒーをまったりと飲むことのできる部屋が見つかるといいのですがっ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント

  1. りょう より:

    確か素粒子の理論の研究室、理学部の11階だかで、夜の外の景色がすごいキレイだった。
    部屋もキレイだったし。
    ただ、そこにいる人達が楽しく無さそうだった。
    他の室者がどんな人達なのかも重要ですよ。

  2. beiz より:

    素粒子の理論かー!
    素粒子は倍率が高いと言われてるから私には無理かも(笑。
    確かに他のメンバーが誰かというのも大切やね・・。
    一緒に研究したり、昼食を共にしたり、飲みに行ったりするわけだし。
    でも、それを調べるのは難しそう。新入メンバーが誰かというのの予測はさらに難しい。

コメントを残す