キャラクタ液晶 SC1602BSをC言語で制御

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

051119-1324.jpg

C言語での開発の練習。

ただ8bitの型を使いたいだけだけど、どう宣言すべきか・・。

charとintを混ぜてつかったら、無言で誤動作してくれて、数時間消費した罠。

まあ、AVRマイコンがしゃべったら動物園に送りつけてやりますが。着払いで。

SC1602BSバックライト付きは、秋月で1000円で売っています。

コマンド 3bitとデータ 4bitの、計7bitで制御できる、16*2文字のキャラクタ液晶です。

文字コードはASCIIに準拠しているようなので、半角文字をそのまま出力すれば、目的の文字を表示させることができます。

6P型の9V電池で駆動させていると数時間で文字が薄くなってくる程なので、ポータブル用途にはバックライトなしがお勧めかも。

ちなみに金糸雀は彼女

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント

  1. りょう より:

    家で独りでそんな文字を出力させるためにシコシコしてると思うと、なんだか涙が止まらないよ。

  2. beiz より:

    まあ、金糸雀の真の可愛さは君には分からんだろう。

  3. Ike-yellowmouse より:

    >真の可愛さ
    脳内補完してるだけしょや。

  4. beiz より:

    脳内補完など必要ない!

コメントを残す