映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

“ヒトラー-最後の12日間-“って映画をDVDで見ました。

やや禁酒中なので、ポテチと紅茶を飲みつつ。

秘書の証言で明らかになったことを元に作られたらしいのですが、証言をそのままシナリオにしただけの記録映画のようなものでした。

折角の興味深いネタなのに、脚本家がダメにしてしまった感じ。

どこかのようになんでも恋愛ものにしろとはいいませんが、主人公の視点を大事にするとか、気持ちの変化を描写するとかくらいはしてほしいところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す