試料の測定

今日は、この前作った試料をデフラクトとSQUIDにかけました。

使い方を教えてもらいながらだったので、私はあまり作業しませんでした。

けれど、デフラクト装置をエージング終了後、数分で落とすなど、邪魔はたっぷりしました(笑。

扉を開けるとき、ガタガタって揺れてしまったんですもん。(´・ω・`)

それで、回折線は綺麗に出ていて、作りたかった物質がちゃんと作れているようで安心しました。

SQUIDは、明日にはデータが取り終わっている予定ですが、さっき測定中のデータを見てきたら非磁性になっていました。

悪くない感じですー。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す