宗教の教科書 12週

3連休で、強風と雨で外出する気にならないということで、土日はずっと家の布団で横になって過ごしていました。ダメダメやん。

転がりながら、昨日図書館で借りてきた、宗教の教科書 12週という本をまったり読んでいました。この本はどこか特定の宗教を信仰していない人の視点から書かれた、宗教概論みたいな本になっていて、宗教って怖いなーと思っている人にもおすすめです。大学の講義で話しているような文体なので読みやすいです。

仏教からの引用が多いですが、内容は宗教を信仰する場合に気をつけるべき点とか、どの宗教にも共通する教えなど、宗教全般に対する考えが書かれています。

ただ著者はひとつひとつの宗教についての知識は浅いようで、詳しく知りたいという人は物足りないと感じるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

こんな記事も読まれています

コメントを残す