iPod 80G

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

06-11-13_21-42.jpg

iPod 80G買ってきましたー。

Zune発売前という微妙な時期ですが、やっぱCreativeの特許をぱくったこのインターフェースにはZuneは勝てまいと思ったので。

それに、全面タッチパネルディスプレイになったら、操作性も電池のもちも絶対落ちそうですからー。

包装の仕方とか、注意書きとかがアメリカっぽいです。今まで気にすることがありませんでしたが、アジア製品って細かいところが洗練されててすごいなーと思いました。

USBケーブルが入っている袋が、ビジネスホテルのサニタリー用品の袋みたいです。

今、iTunesの楽曲データを転送しているのですがCPUの負荷がすごいです。P4 2.8GHzなのに、40%です。さすがUSB2.0。うちは、デスクトップもノートパソコンもIEEE1394が付いてるのでIEEEがよかったんですげとね・・。

あー、そうそう。買ってから気づいたのですが、iPodのドックって標準で付属していないのですね。買うかなーと思って調べたら4000円もする。ドックで利益を稼ごうという魂胆が見え見えだー!でもドック欲しいなー・・。orz..

5.5Gになって画面の明るさが60%アップということでしたが、確かにビデオはだいぶ綺麗に見れるようになったと思います。でも色数が6万色なので、Zen Vision:Mの24万色に比べるとやはり汚いんでしょうね。

操作性はZen Vision:Mよりもずっと操作しやすいです。決定ボタンがタッチパネルとは別にあることや、クリック感があることが大きいですね。

iTunesも、creativeのMediaSourceオーガナイザに比べたらずっと使いやすいですし。

なによりID3V2.4が読めるのが良い。というか、ID3V1.1にしか対応していないって今時それはないですよー。<ZEN

液晶保護フィルタとか、ケースにお金を出すのもはばかられるので、素のまま使おうと思います。

一応、黒色のiPod袋は付属していたので、移動するときはこれに入れますがー。

ハイテンションでお送りしました。

ZEN Vision:M 30Gさよならー。

iPotter 80Gわはー。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す