ダメな翻訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Lions’ Commentary on UNIXを今読んでいるのですが、この本は翻訳があまりにも悪い。

これに限らず、コンピュータ関係の本には邦訳と称して、似非日本語に訳された本が多いような気がしますが、どうにかならないのでしょうか。

どんな名著でも一度翻訳されてしまうと、それがどれだけひどい翻訳でも翻訳し直されて再出版されることは滅多にありません。

そのため、ダメな翻訳がなされることは、翻訳されないままよりも悪い状態にあると言えます。

原著を読まないコンピュータ技術者らから、知識を輸入する可能性を奪い日本の情報産業の育成に遠からずダメージを与えている、ダメな翻訳者は責任を感じるべきでしょう。

工学系には、国語や英語が出来ない人が多いのは知っています。

しかし、原著が読めないなら翻訳を引き受けなければいいのに、それを引き受けてしまう人の神経が信じられません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す