装置の機嫌がわるいー

『卒論!!卒論!!卒論!!』

よろしい ならば卒論だ

我々は満身の力をこめて今まさに取りかからんとする青き頭脳だ

だがこの暗い闇の底で半年もの間 堪え続けてきた我々に ただの卒論では もはや足りない!!

大卒論を!! 一心不乱の大卒論を!!

-->hellsing

下を向いて歩こう

吹き付ける雪が目にしみるから

下を向いて歩こう

つるつる路面に足を取られてしまうから

-->古い歌

装置が上手くうごいてくれなくて、最近ずっと装置にへばりつきっぱなし。

ゲイツ君よ。私の冬休みをどこに隠したのですか。

もうちょっと測定したかったのですが、温度が安定しなかったので放置するための処理をして帰ってきました。

だいたいのデータはとれたので、明日トランスファーして、次の人に渡せるようにしときたいと思います。

まだ他に9個くらい試料を測りたいので、それを考えるとコントローラが上手く動くようにプログラムを書き換えた方がいいような気がします。3日くらいずっと装置といちゃいちゃするのはつかれるので。

しかし、10年前に装置を導入したときから変えずに使ってきたプログラムなので手を入れるのがためらわれます。エラーはそのころから起きてたみたいですけど(笑。

(というか、物理学科にはコンピュータがわかるひとがいません。電気回路が分かる人がいません。化学が分かる人がいません。なので、伝統的な実験方法はかなり効率が悪かったりします。)

ところで、夜の1時頃に1階のお手洗いに行ったら、ステテコ姿のおじさまがいました。たぶん休憩中の守衛さん。

私が女だったら声出して逃げるな。と思うほど引きました。

あと、今日はバッファオーバーフローの勉強をしていました。

よくできてるなー。こういうの。

家のPCの調子もよくないので、HDDを外付けにして電源に余裕をもたせるとか、OSを再インストールするとかしたいこの頃。

ここはメインのOSをlinuxにしてしまおうかな。卒論モードに入るにあたり、データ処理にはwindowsは向いてないから。

Vistaはメイリオフォントだけは価値がありそうですが。

うああー。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す