メイリオ(Meiryo)フォントよりもヒラギノ丸ゴの方が見やすいかも。

WindowsVistaに搭載されるメイリオ(Meiryo)フォントは、一時期Microsoftのサイトで開発版が公開されていたようです。

友達からその開発版メイリオフォントを借りて、firefoxのデフォルトフォントに設定し、ネットブラウジングをしばししてみました。

ClearTypeのアンチエイリアスをONにしてあります。

文字を小さく表示させたときの視認性は、たしかにメイリオ(明瞭)でした。アンチエイリアスを入れているので、入れないときよりもぶよぶよな表示になっているにも関わらず、文字が読み取れます。

ただ、文字を大きく表示させてみると、文字の中心線がぶれているように見えたり、文字の大きさがバラバラに見えたりと、あまり綺麗ではありません。ただ、MSゴシックよりはモニタ上での視認性は良いと言えると思います。

しかし、Mac OSXに採用されているヒラギノに比べると、開発版メイリオの方が見難いです。字体は似ているのですが、メイリオの方がフォントが縦に無駄に伸びているように見えたり、ぶよぶよ度が大きいように見えます。

期待していたよりも見難かったので残念でした。

しかし、開発版がとれた純正メイリオでは、いくばくか改善されるかもしれませんし、新JIS対応とのことなので、存在意義は失っていないと思います。

やはり、ゲイツ君万歳ということですね。

 こんな記事も読まれています  

コメントを残す