物語の人物はその文脈でしか存在しない。

美しくいられるのはそのためなんだろうか。

私はどうすればつながりの生の中で

汚れずにいられるのだろう。

             こんな記事も読まれています          

コメントを残す