太宰治の女生徒

太宰治の女生徒を読みました。

太宰は独白文が上手です。

著者の、生き方についての悩みがよく表れていると思った。

美しくありたいけれど、汚いことを悶々と考えてしまう。

何か信じられるものか、頼れるものを持ったり、考える時間のない環境になれば、ましになるかもしれない。

 こんな記事も読まれています  

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください