subversion

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

今日は、論文を書く準備のためにsubversionを玄箱/NetBSDサーバにインストールして、キートップを痛めないように爪を切って、実験データの処理を少ししました。

subversionはプログラム開発においてコードの管理につかわれるバージョン管理システムの一つですが、実験データの管理や書きかけの論文の管理に使ってもなかなか塩梅がよいです。

一般的には、頻繁に書き換えが行われるデータの管理に向いていると思います。

Subversionは、データ変更の履歴を保持してくれていて、過去のある時点のデータと現在のデータの差分を表示したり、現在のデータを過去のデータと置き換えたりすることが出来ます。

そのため、バックアップをとる手間とバックアップファイルを管理する手間が省けます。

また、コマンド一つでデータを簡単に元に戻せるので、データの削除も精神的にやりやすくなります。

さらに、以前の作業から日が経っているときでも、一つ前のデータとの差分をとれば、前の作業でどこをいじっていたのかをすぐ思い出せます。

そういうところが私は便利だと思います。

インストールと設定は思ったより簡単で、pkgsrcからmake installしたら(もしくはyumなどでインストールしたら)、あとはデータを保存するディレクトリを指定して、データをインポートするだけで使えるようになります。

私の場合はネット経由でも利用したいと思ったので、svnserveの設定もすることになったのですが、sshが通っている環境なのでsvn+sshを使うことにして、設定なしでネット越しにsubversionを使うことができました。

説明書を読んでセキュリティを考慮した結果、設定なしに落ち着いたわけですが、apacheとは比べられないくらいに楽でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す