最終講義

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

大学の光物性の先生が春に退官,もとい退職されるのを前に,昨日最終講義が行われました.

話を聞いてきて思ったのは,人生って短いなーということ.

20代前半で仕事についても,仕事に慣れたと思ったら40才,そのあと一つ二つ仕事をしたら,もう老後を迎えることになってしまう.

どうやって生きたら有意義なんだろう.

先生はプラズマの研究をしたいのにできないことをずっと引きずっておられたようだったので,やはりお金儲けに走るんではなくて,もらいが少なくてもやりたいことをやるということも大切なのかなと思った.

私は実験系に進むことが決まっているのですが,今はこの選択がよかったのか不安を感じています.実験系は,物理をしている時間よりもものづくりをしている時間の方が長くて,物理は中途半端なままになってしまうような感じがしますが,それは私が望むことではありません.

それだったら,理論系に進む方がいいのではないかと思うのです.

これは,現在の私の周りが物理が中途半端になっている人ばかりなので,余計こういう不安をいだくのですが.

とにかく物理がしたいです.

ニコニコ動画の新バージョンを作るのに一週間しかかかってないのを見て,開発している人たちは仕事が早くて凄いと思う.

私も効率良く仕事ができたら,死ぬまでにいろいろなことが出来ると思うのですが.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す