ノートPCのHDDが壊れ.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

今日もにこにこ卒論作成.

と,研究室でPCを使っていたら,突然disk fullというメッセージがでて,HDDにアクセスできなくなりました.

強制リブートしてみたら,ブート時に”GRUB”とだけ画面に表示されて固まりました.

HDDが壊れたようです.

しかも,ねらったかのようにブートレコードが吹っ飛ばされるとは,ついてない.

CD-ROMドライブがついてないPCなのですが,ネットワークブートしてHDDのなかを漁れば,幾ばくかのデータは取り出せるかもしれないですが,めんどくさいのでまるごと廃棄することにします.

このPCは私の手元に来たときには,既に液晶がお亡くなりで,キーボードもかなり使い込まれた様子だったので,卒業まで持てばいいかなと思っていたのではありますが,壊れるのが3週間早かったです.

せめて,卒論を書き終わってから壊れて欲しかったものですが.

卒論のデータは,バージョン管理システムを使っていたおかげで助かりました.

今は,別のノートPCを学校に持って行けるようにセットアップしてます.

Fedoraは不安定になってきたので,もう使うのをやめます.次はubuntuあたりかと思うのですが,今使い始めるのはミーハーな気がするし,ホームページをみたら偽善的な感じを受けたので(むしろ自分がひねくれているのだが),これを使うのは枯れるまで待つことにして,今回はvine linuxを入れようと思います.

こういうときはPCを何台も持っていてよかったと思いますねー.

もしPCヲタでなかったら,今頃は卒論データと卒論を書く機械の両方を失って呆然としているところなんだろうなーと思うと,青春の大部分を割いて,一人自室のPCに向かってニターとほくそ笑んでいたことも完全に無駄ではなかったかなーと思えますね.

こじつけでもそう思いたい,過去を思う今日この頃なわけです.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す