機械工作講習

今日は午前中に工作講習があり、金工機械の使い方について教えてもらいました。

丸棒や板を切断したり、穴を空けたり、削ったりする方法を学べました。

私は、中学の技術の授業に情報が入り、その代わり金工が学べなくなった世代で、金工の仕方を知りたいなと前々から思っていたのでいい機会となりました。

自分が作った電子機器を納めるケースなどをこれからは自分で作れそうでよかったです。

しかし、金属が豆腐のようにすぱすぱ切れるのはすごいものですね。

30年前の機械がほとんどのようですが、現在でもその機構はほとんど変わっていないのに完成をみました。

夜、研究室の人と話していると、よく進路の話題になってしまう。

進学か就職か、難しい問題ですねー。

どっちがいいのかねぇ。

しかし、実験の方向性もさだまらん。

早く決めて手を動かさないと時間が足りなくなって死ねる。