東京へあそびに

今日は,試料のアニールの日で何もすることがなかったので,久しぶりに東京へさ行ってきました.

最近,環境というのは,結構な部分が自分の環境のとらえ方に依存しているという気がしていたのですが,上野へ行く途中の電車で外を見ていたら旅行しているような気分になりました.通学に3ヶ月使った道ではあるのですが,全く新しいものに思えた.

昼に家をでたのですが,国立西洋美術館と,国立博物館をみたら十分疲れました.

西洋美術館には,常設展扱いの「ロマネスク美術写真展」を見に行ったのですが,常設展示がたくさんあるのにびっくりしました.一日かけてゆっくりみるものだよなーと思いつつ,他の常設展は飛ばし見してきました.松方コレクション400点が国立西洋美術館の設立のきっかけとなったようですが,松方さんは他にもいろいろと美術品を蒐集していたにもかかわらず,保管しているところが焼けたり,不況でうっぱらったりしてしまって,結局400点しか残らなかったようですが,それでもなかなかいいものがありました.

美術館ができた後の,作品収集の努力があってこそのことかもしれませんが.

しかしながら,焼けてしまった美術品もきっといいものが含まれていたにちがいないですから,残念だなと思いました.

美術品に限ることではないですが,保護に努めていても,重要な作品が失われてゆくのは残念なことです.作製されてから限られた期間に生きた人たちしか鑑賞することができないで,後生の人はそういうものがあったと知るだけか,知ることもないかもしれない.

せつないです.

でも,そんなはかない性質も,また作品を引き立てる理由になっているのかもしれません.

ロダンの彫刻がいくつか展示してあったので,これ全部本物ですかーと博物館員の人に聞いてみたら,本物ですとのことでした.鋳造品とか,版画とかは何個も作れるので,他にも同じものがあるかもしれないということでした.

なるほどー.勉強になりました.

ロマネスク美術写真展の方は,修道院の内装の写真が並んでいました.修道院の中の彫刻って現地に行かないとみれないし,行ってもみられないこともあるので,写真とはいえ興味深かったです.キリスト教とは思えないような,特徴的な形のものもありました.悪魔の形とか.

展示に出ていた教会の一つは家畜小屋につかわれていたこともあったそうで,贅沢な小屋だなと思いました.絵がはがれてもったいない・・.

シトー会系の修道院の写真を見て,自分の部屋もあんな風に静かではりつめた感じにしたいなーと思いました.部屋が汚いので(笑.

展示されている写真などを集めた本を売っていたので欲しかったですが,ちょっと高かったのであきらめました.写真の印刷もあまり綺麗でなかったので.

展示につかわれていた写真はEPSONが協力して印刷したそうですが,すんごい綺麗でした.あの写真は,売って欲しいーーと思いました.

他のでも修道院の内装についての写真集があったら欲しいなーと思いました.

あと,西洋美術史の本も一冊欲しいなーと思いましたが,どれがいいのかわかりませんでした.

あと,このまえ企画展を見に入ったときには,ル・コルビュジエっぽいのかなーこれは.と疑問に思っていたのですが,常設展側はピロティが多用してあって,ル・コルビュジエっぽかったです.休憩ゾーンから見えるお庭が素敵でした.

国立博物館には,天皇の書という特別展示を見に行きました.これも平常展扱いなので,タダで入れました.

キャンパスメンバーシップのおかげで,いつでも快適な温度と湿度に保たれている美術館に入って癒されたい放題だなーと思いましたが,柏在住なのでちょっと苦労するなーと思いました.

天皇といっても字がうまいわけでもないなーと思いました.

自分が,なんとか候,という言葉遣いで趣のある意志の伝え方ができたら素敵だなと思います.

つか,豊臣君に女の手紙の体裁で,名古屋に行くのやめときなさいなんて言う天皇に萌えですが.

はい,ここまで国粋主義者でした.ありがとうございました.

さて,そのあとは秋葉原によってシャッツキステの小物販売をのぞいてきました.

版画やら,細かく刺繍されたフェルト小物やら,CDやら本やらがあって,とても素敵でした.

ここの店員さんは多方面にスキルを持った人が多いようで,あこがれます.

そのスキルも,商品にしても違和感ないレベルなのがすごいです.

お店の内装も素敵ですー.

フェルト小物を一つ頂いてきました.こんな手の込んだもの,常連でもない私なんかが買っていいのかーとも思いますが,大切に使わせてもらいますー.

研究室の人には,美術館に行ってからメイド喫茶に行くという流れが理解できないらしいですが,私にとってはそれらに求めているものは多少違うかもしれないけど,違和感はないですなー.

そのあとはー,行きそこねていたメイドステーションカフェというお店に行ってきました.静かな感じでいいんじゃないかなーと思いました.

ご飯も,甘いものもちゃんと食べれるようなのもポイント高い.

けれど,店員さんの制服がミニスカートで,フリル付きの黒のニーソックスと合わさって絶対領域ができていて,私としては落ち着かないので,ロングスカートにして欲しいなと思いました.っていう変態.

ヨドバシアキバで,聞こえる枕を探してみたのですが,みつからず.マウスとかキーボードを見てきました.マウスはarvelのワイヤレスマウスのクリック感がよい感じでしたが,5000円と高かったです.キーボードは,realforceはやはり106S以外は指によって打鍵感が違って使い物にならんなと思いました.

富士通コンポーネントのリベルタッチはrealforceみたいに打鍵感がよかったです.これでメンブレンですかー・・.

キー荷重も変更できるようになっているみたいですが,15キーしか付属していないそうなので,意味なっす.全キーを35gに変えられるなら,realforce106Sを超えるか並ぶ製品だと思います.まー少なくとも買うなー.

他のメーカのはたくさん試打できるようになっていましたが,どれもだめでした.

そのあと,おおたかの森SCのloftで聞こえる枕の代わりに,ねむれる羊 TVまくらを買ってきました.可愛い.

     

コメントを残す