SEM/EDS

ボスと一緒にSEM/EDSをとった。

少しのデータの違いをきっかけに、それが有意なものかそうでないかを考えて、そして有用な情報を得るという。

そんな方法がすばらしーと思った。

不純物相が消えなくて悩んでいたけど、思っていたよりもシビアでないということを知った。

それに、ぴったりの組成に当てて、いい温度でアニールしたら、純粋なサンプルはできるものだと気づいた。もう無理なような気がしていたが。

装置のことをしらないとどこに系統誤差が出てくるのかわからずに、その誤差のせいで迷路に迷い込んでしまうことがあるみたい。なので、装置についてはよくよく勉強しよう。て、実験系なら当たり前だが。

EDSは相対値としては役立つが、絶対値はそんなにということでした。

Coスタンダード負けないで!

というわけで、先に希望がみえてきたというか、希望をもたされて、ふわふわしています。

ねむいー・・。

ので、帰って寝ます。