awkの改行処理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

awkは自動で行レコードをsplitして変数に格納してくれます。

そんで、改行文字のLF(\n)も取り除いてくれるので、最後の項目にはLFが入ることはないんですが、しかし一方で、復帰文字のCR(\r)は取り除いてくれないみたいなので(linux環境でテストしたところでは)、windowsで作ったテキストを処理する場合は\rを手動で取り除かねばなりません。

awkて、caseとかelsifないのかな・・。

一行のスクリプト実行するにはいいけど、ちょっと複雑なことしようとすると困難がありますね。

もっと単純でいい言語ないかな。

perlは型が曖昧なのが楽だけど、のちのち苦労のもとになるからダメポ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す