• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

昨日。

PPMSの3Heのフラッシュをするというので、見学兼手伝いに行ったら夜になっていた。たいしたことをしていないけれど、待ち時間が長かった。

しかし、この装置の、ターボポンプフル回転のときに、突然大気圧にさらす仕組みはどーにかならないもんかな。ひやひやします。

あと最近思うのは、ここの学生さんは実験装置を扱う心構えがなっていない、というのか、家電製品を扱うようなので、よろしくないなと思いました。

来年は実験の経験ある人がたくさん入るといいなーと思う。

施設長さまの中性子散乱の講義にでてきた。

中性子散乱が好きですという気持ちが伝わってくる講義だった。中性子と関係ない人には何言ってるかわからない講義だったと思うがw。

さらに、そのまま出版できそうな、教科書代わりのプリントの束を配ってもらえてお金のない私は歓喜しました。

数ヶ月ぶりに講義に出たら、学生してるなーと思った。

よし、研究会も近いし論文よもうー。

しかし、昔は英語の教科書読むのがいやだったけど、今は英語を英語だと認識しなくなった。よいよい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント

  1. 匿名 より:

    今日、京大に東大理の藤森淳先生がセミナーに講演しにこられました。
    内容は超格子の光電子分光についてでした。

  2. beiz より:

    講義はどうでしたか?
    藤森センセは光電子分光が専門なんですね。前期に強相関系の講義を受けていましたが、私としては実験手法の方が興味があるので、それならそっちの内容で講義して欲しかったなあと思いました。

  3. 匿名 より:

    講義はMott-Hubbard絶縁体とband絶縁体の超格子を作って光電子分光を見るという感じのものでした。実験中心の話でしたが僕は超格子の専門ではないのでよくわかりませんでした…
    藤森先生てたしか強相関の本書いてましたよね?

  4. beiz より:

    内田老鶴圃から「強相関物質の基礎」という本を出してらっしゃいますねー。たしか青地に黄色文字のカバーの本。Wikipediaには光電子分光って絶縁体に対してはチャージアップするからやりにくいと書いてあるけど、うまくできているんかなー。しかし、バンド構造を調べられるとはドハースファンアルフェンもびっくりだわー。

コメントを残す