pythonに慣れられない

pythonで、測定データの形式変換スクリプトを作ってみた。

途中、use strictがないことに気づいて発狂。

自分が自然だと思う書き方をしたら、インタプリタにエラーをはかれ。

(評価の副作用を使うコードは嫌いなみたい。

結局作り終えはしたけど、とても冗長なコードになってしまいました。

オブジェクト指向っぽいけど、なんか変。な感じです。

インタプリタ言語のやわらかさが中途半端に入り込んでて、非常に気持ちわるいです。

正直なところ、もう、、使いたくないです・・。

rubyは国粋主義者と言われるのがいやで使ってこなかったのですが、つかうかーという気になってきました。

perl 5を覚えるのが一番早いかもしれないですが。と前もそう思ってたか。

perlのような書きたいように書ける柔軟さと、javaみたいな静的な型付けのオブジェクト指向が好きなのですが、これらの特徴をうまくあわせもつ言語が欲しい。って対立する特徴かもしれないが。

こんな記事も読まれています