perlからcに書き換え。

散乱/強度計算コードをperlからcに書き換えたら、ちょうど1000倍ほど早くなったのでびっくりした。

gccで最適化オプションつけてないので、デフォの最適化にもかかわらず。

perl版で昨日投入したjobはほとんど意味なし。わろた。

for文ばりばりの数値計算はperlにやらせるべきではないとゆーことがよくわかった。

やほーい。

あとはopen MPで適当に並列化します。

/*追記:

散乱/強度の積分コードも一時間でできたー。さえてるー。GJ!

*/

昼頃、グーグル先生がダウンしていたようにみえた。

ここ、研究室の環境からだとDNSからアドレスが引けなかった。

jpのIPアドレスを教えてもらって直打ちしたけど、それでも見えなかった。

他にも見えない人は結構いたようで。

OCNとかexciteBBの人はふつうに見えてたみたい。

public timelineをみたらtwitterの海外勢は特別言及をしていなかったので、日本のなかで一部のプロバイダが使っているある経路に不具合が起こったことが原因のように思えました。

数十分で直りました。