• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

LCDの制御方法についての本買ってきたー。

ついでに、USBデバイスのつくり方についての本も。

Interface 5月号の付録のUSBコントローラ+FRマイコン基盤も素敵ではあったけど、2000円って言うのが一回の遊びに買うにはちょっと高いかなー。単体では安いかもしれないけど、個人で入手性のいいICで使い方を覚えないと、知識が無駄になるんですよねー。電子部品の制御の知識って、製品に独自な仕様の部分が結構なウエイトをしめるので。

USBの方の本は、AVRマイコンでUSBホストを作るとか、コアの部分の話が載っててなかなか面白そうです。他の本でよくあるような、コントローラIC使うだけでは、ただモジュール叩くだけになって、知識になりませんからー。

そういえば、いつのまにか秋月で新しいAVRが買えるようになっていました。ATTINY2313-20PUが100円とか、ATMEGA164P-20PUが400円とか。なかなか安い。この値段を見ると、うちに10個程度転がっているAT90S1200-12PCは不良在庫としか思えない・・orz.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す