電子パーツ買い物メモ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

秋葉原で電子パーツ買ってきた。

秋月で買ったのは以下の通り。

・仕様不明カラーグラフィックLCD @300 x3

・USBシリアル変換IC FT232RL @450 x1

・AVRマイコン ATMEGA 164P-20PU @400×1

・AVRマイコン ATTINY2313-20PU @100 x3

・SDカードスロット @150 x1

・電源反転IC LT1144CN8 @300 x1 (石にはLTC1144CN8って書いてある。同一物ぽい)

・USBケーブル A-Bmini 5m @200 x1

・ブレッドボード EIC-801 @250 x1

・面実装クリスタル 24MHz5個パック @200 x1

・面実装クリスタル 12MHz5個パック @200 x1

・振動スイッチ AT407 @100 x1

・8カイロ入り3ステートラッチ 74F373 6個パック @100 x1

・においセンサ(硫黄ガス) TGS2450 @300 x1

・基盤用USBコネクタ miniB 4個入り @200 x1

・8ビット3chDAC BU3616 @300 x1

計4-5000円

千石電商で、

・32.768kHzクリスタル @100 x1

を買いました。

そして、ツクモロボ館でARM付きDesignWaveMagazine 2007/5号@2480円を買ってきた。

3軸加速度センサは秋月で買うと1000円するし、世界で一番出荷量が多いというARMをさわっておくのもおもしろいと思うし、正直なところLCDをたたけるようなFPGAを買うと高いので、代わりにこのARMで少したたいて遊ぼうかなと。昔、nixi-tube.comで買ったアナログ入力カラーLCDをたたくためのDACも一応見繕ってきました。それが使えるかよく分からんが、3chならどー考えてもビデオ用だろうと思った。

本当は、2006年のFPGA付きのDWMの方が欲しいのですが、どこも売り切れのようです。あのFPGAが基盤に載って2千円台って、安すぎだろう・・。

当分は1600ゲートのCPLD@600円を弄んでしのぎます・・。(無理

Interfaceは面白い雑誌だと思うが、5月号のおまけのFR基盤は買うのをやめた。USB関連は自分で石かっていじる方がいいからねえ。

衝動買い大杉です・・。

カラーLCDを叩いて遊んだり、USB接続のAVRライタを作ったり、AVRでUSB簡易ホストを作ったりしようと思ってます。

そして、硫黄ガスセンサで今はやりのガスを検知できるようにして、振動スイッチで地震が来たら分かる計をつくったりしますー。

ツクモでDWM用のオプションパーツを1000円で売ってたのですが、バラで買ったら数百円だろう・・と思った。

SDカードって、4ピンで制御できるんですね・・。以外とこれはメモリIC代わりに使うのに良いかもしれません・・。いまSDもminiSDも1GBで700円くらいですし。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す