x200のgatesOS(vista)が入ってるパーティションを2つにぶった切って、ユーザ領域をつくる。

320GBのHDDのうち、10GB程度がリカバリ用、数GBが変な領域にとられてはいますが、残り300GBはすべてCドライブに割り当てられているので、それを適当に分けてD:\を作りました。

以下、私用のメモ。
これを見てトライして、データが消えたとかしても私は責任をもてませんのでご注意。
at your own risk.ということで。

まず、usb起動ubuntuとかusb起動parted用ディストリとかを用いて、起動します。
ちなみに私はdebian派です。(どうでもいい。

そして、
$ sudo ntfsresize -s 60G /dev/sda2
とします。
その後
$ sudo fdisk
を起動します。pすると、まだ以前のsda2はそのまま残っているので、それを思い切って消します。
そして、新しいパーティションをつくります。
私は、あとでlinux用にパーティションを切るかもしれないと思ったので、4つ目となるパーティションはextendedにしておきました。

sda2 primary 60GB ntfs
sda4 extended
sda5 logical のこり ntfs

ファイルシステムはid:7のntfsの方を選びます。idが86だったかのntfsになってるとvistaは起動しなかったです。

vistaのコントロールパネルからたどれるパーティションツールでもいいのですが、25GBしかin useになっていないのに、100GBまでしか縮められねーといわれるので、やめた。(そもそもvistaを起動しているパーティション自体を切れるというのはすごいとは思うけど。そもそも、パーティション切るときに中身がとばないというのも・・)

 

Amazonで最大1500ポイントがもらえる無料体験を実施中

現在Amazonで、本の朗読を聴くサービスであるaudible(オーディブル)の無料体験キャンペーンをしています。

今回のキャンペーンでは、なんとプライム会員なら最大3000ポイント、会員でない方は最大1500ポイントがもらえます。

 

聴くだけでポイントをもらえるので、プライム会費の元を少しでも取ろうと私も11/7から無料体験をしています。

「花火」などの小説や、自己啓発書、英語教材もありますので意外と面白いですよ。

キャンペーンは12/12までですので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

 こんな記事も読まれています

コメントを残す