外付け書き込み可ドライブは持ってないけれど、thinkpad x200でproduct recovery mediaを作る。

thinkpad x200にはCD or DVDドライブが内蔵されていませんので、product recovery diskを作るには、外付けの書き込み可能ドライブが必要です。
でも、外付けの読み込みだけ可のドライブをもっていて、書き込み可ドライブ搭載の別PCを持っている人は、次の方法でリカバリメディアを作成して、リカバリすることができます。
(とはいえ、今は外付けのマルチドライブが5000円程度で買えますので、買ってしまうのが楽だと思います。

書き込み可仮想ドライブをインストール。
リカバリディスクをその仮想ドライブで作成。
ディスクイメージを別PCに移して、リカバリCD/DVDを焼く。
外付け読み込み可ドライブを使い、リカバリ。

書き込み可能仮想ドライブには、
Virtual CD
http://www.virtualcd-online.com/
を使いました。

x200 vista上でリカバリを作る際の注意点としては、リカバリメディア作成中に新しい仮想メディアを作って入れ替えをしようとすると、権限エラーがでて入れ替えできませんので、ブランクメディアをあらかじめ5枚程度作っておいて、それを挿入するとよいです。
私の場合CD-Rだとうまくいきませんでしたので、DVD-Rにする必要があるかもしれません。
(これは、私の持ってるLogitecの外付け書き込みドライブでも同じで、CD-Rにリカバリディスクを作ろうとすると、書き込みが終わった時点で、ドライブがビジーで完了できませんでした。のような意のエラーがでます。これで4枚ほどゴミにしました。

メディアを作った後は、virtual CDの独自形式からISOへコンバートし、それを他のデスクトップPCなどに転送して焼きます。
リカバリ時に使う読み込み可ドライブはもちろんブート可のものでないといけません。

あと、リカバリディスクは一組しか作れないようになっていますので、ディスクイメージを作った後は、間違って消してしまわないように注意するとよいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す