mac science社製IPリーダのファイル.ipfのデータ構造

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

X線ラウエ斑点を記録するのにイメージングプレート(IP)を使っているところもあるかもしれませんが、mac scienceの機械でIPフィルムをPCへ読んだ時のデータファイルはipfになっています。
(IPはコントラストは悪いですが、数分で露光できるので、軸立てにはいいです。コントラストが欲しいときには、びたっと位置をIPであわせてから、写真フィルムを使えばいいですし。

.ipfをそのまま使いたいということで、解析をしました。
マニュアルのどこかに書いてありそうな気もしますが・・。

適当すぎるのですが、以下のよう。

ヘッダはありません。
bodyは16bit unsinedのbmpファイルで、0x0から0x7a11ffまでにあります。画像のxyサイズは4000×1000。1024とかじゃなくて、1000です・・。高級言語の影響でしょうか。
フッタは0x7a1200から1kB分。asciiとバイナリ値の混合か。
DIP0….
h…d…dB
?.VmB…PG(002)
という文字列が入っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す