ガラス加工

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ほんとはガラス細工をしたいのだけど、実際にはガラス加工をするだけなのです。実験のために。

今日はこんなものを作っていました。

もにゅーん。

というとちょっと語弊があって、結果的にこんなのができた。というのが正しい。

ところで、これは半透明クオーツ(石英ガラス)管からできたものなのですが、加工はかなり難しいです。
透明クオーツに比べ、隙間に空気が入ってる分、熱伝導が悪いせいか、ただ単にthicknessがあるだけなのか知りませんが溶けにくいです。
さらに、火に当たっている部分である向こう側が、ダイレクトに覗き込まないと、隠れて見えません。
あと、泡が入っているので伸びが悪く、封じようと透明クオーツのときのように引っ張ると、穴があいてしまいます。

でも、透明クオーツに比べると安いので、使いこなせるようになりたいところです。

そういえば、昔、加工が楽で好きだったパイレックスを久しぶりに使ってみたら、軟化点低すぎて、あっというまにどろどろとなって、これだったらクオーツの方が楽だわと思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す