古い文字の代数学の本。

図書館で数論の本を探していたら、分厚い代数学の本を発見しました。紙は新しそうなのですが、中を見たら文字が古かったので、思わず画像を撮った。
内田老鶴圃から現在も出版されている「代數學  第一卷」のようです。
内田老鶴圃−検索結果


現在では外来語をカタカナにしますが、この本では、ユークリッドが「ゆーくりっど」となっていて、しかも長音記号が横書きのくせに縦棒という。
現在ではひらがな書きにする部分はカタカナ。


伊太利ノぼんべり
に笑った。

文字はふるくて読みにくかったのですが、いいことは書いてありました。

 こんな記事も読まれています  

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください