出発地はよくはれてました。快晴!
飛行機は国内線なので低いところをとんで、中部あたりまでは街並みがよくみえました。

東京、小さいです。ミニチュアみたい。
白い石がざざーっとひいてある感じ。一部緑のゾーンはおそらく皇居と代々木公園あたりですね。棒は東京と新宿あたりにいっぱい立ってた。
うまい洋菓子屋もなにもかもみんなあそこにつまってるんですか。

山梨あたり。やまばっかー。山頂は紅葉してるぽい。
ところどころ村ゾーンもある。人間は見えない。1000人集めたところでゴマ粒サイズでしょうね。
そんな小さな存在からのお願いを聞いて、かなえてくれるなんて奇跡のようですね。

ギフー。川が特徴的なので、把握できた。
うちのあたりが見えました。裏山のむこう、ずっと山ゾーンだった。ほとんど田で、いなかー。小中の旧友はたいていが、あの村から出ることなく一生を過ごすのです。旅行なんてブルジョアのすることで。たまに出かけても岐阜市がいいとこ!みたいな地方もあるのです。あそこで生活が閉じているというのはどうなってるんだ。可能なのか。私は。あんな狭いところしか知らないなんて。うわわ。
宇宙人だったら、地球しかしらないなんて。ウワワ。ですが。

熊本着。なんか畑のどまんなかに飛行場つくりましたね。土地がすこし盛り上がってるところ。で、水がとりにくいのかもしれん。
向こうに阿蘇がみえた。
人の服装が違う。もっさりしてて気楽。市内電車で、蜂が客車に入ったからって、電車止めて、運転士がほうきではたきだす、とか。いいんですか。
岐阜市にも路面電車ありました。床が木の、よく揺れる電車。車内広告も似たような古そうなキャッチコピーだったり。こちらに来てはじめに乗ったのがそんな車両だったのだけど、どうもクーラーのかかる新しいトラムっぽい車両も同じ軌道を走っているようだ。同じ料金で。軌道の幅は広かった。標準軌かなあ。
僻地という田舎でもないし、都会というほどでもない。のでとりあえず地方と呼ぶ。市街は街っぽい。ここもここだけで閉じている。

 こんな記事も読まれています  

コメントを残す