「our daily bread」あるいは「いのちの食べ方」見た。
やはり人間が一番強い種なんだなーと確認。
あと、生物(植物含め)を殺すのは良い気持ちがしないんだけど、それを表に見えないように食物という形に加工して提供してくれている人たちに感謝。
撮影はアングルを固定した定点カメラで行われナレーションも入らないのですが、息を殺して観察している用な気分になり、なかなか好きです。息を殺しているのは制作者側もで、考え・解釈の仕方を見る人に押しつけないような作品になっています。

ベジタリアンは動物殺すのが可愛そうだからという理由でなっている人もいるかもしれませんが、植物を収穫、殺すのも結構生々しいですよ。映像で見ているとわからないですが、実際収穫してみると。蔓植物とかとくに。呪われて蔓が夜な夜な追いかけてきて首しめられそうな。
人間に近い種だと可愛そうで、魚とか、植物なら、オッケーというのは、不合理というか不誠実というか、自分が生きるために食べるということと、殺すの嫌だという考えの対立の、落としどころとしては中途半端な気がするのです。

 こんな記事も読まれています

コメントを残す