お薬効きメモ 書き流し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ジェイゾロフト25mgを飲み始めたので症状を
忘れないうちにメモっとく。
だいたい3日目です。

ファイザーの説明書によると、血漿中濃度最大までの時間Tmax が 8時間くらい、半減期がT1/2が24時間くらい。25mg投与時のデータはないが、濃度依存性はなさそうな感じですね。

まとめるならば、飲んで、何もかわってないような気もするけど、焦燥感が減ったような気もするけど、よくわからない。お薬を飲まなかったときの自分と直接比較しているのではないから。外部環境が先週と等価ではないから、3日目になり気分が改善されたのはお薬のおかげと言い切れない。日曜日に数ヶ月ぶりに一日学校に行かない日ができたので、それで気分に変化ができたのかもしれない。

. 7/10(土) 0時 ジェイゾロフト25mg飲む
レキソタン2mg, ハルシオン0.25mg,アモバンテス0.75mg, グッドミン0.25mgで入眠。
12時ごろ起きる。寝過ぎ。グッドミン(レンドルミン)が前みたく効くようになった?
ガッコーで作業。
気分は昨日と変わらないよーな。
レキソタン2mgx2を4時間ごとに3-4回飲んで対処。

. 日曜 0時 25mg ジェイゾロフト飲む。
0:30ごろ帰る。
起きたのが遅いので眠れる気がしないので、とりあえずアニメでもみてすごす。
2:00ごろハルシオン、アモバンテスで入眠。
10:00ごろ目が覚める。頭が微熱のときみたいに張っている感じ?それよりも軽い痛みが頭全体に広がってる感じ。二度寝。
14:00ごろ起き上がってみる。頭は痛くない。研究所いってなにするんだっけ。まあ、行かなくていいか。と思う。服の洗濯もできるし。
ひさびさの一日ごろごろコース。
出かける気もしない。なにかする気もしない。しなければいけないと思う気もしない。それほどみたくもない撮りためて放置してあったアニメをみたり、This is it!というマイケルジャクソンのドキュメンタリ映画を2倍速でみたり(舞台としての未完成品を見るのは時間が無駄だと感じて途中から早送りしてみたら以外に内容理解しつつ見れた。内容が薄い・・。)、買ったまま積んであった太宰治生誕100年記念雑誌の記事を読んだり(これは意外と面白いのがあった)、ルドルフ・オットーの聖なるものを読もうとしてみたり(言葉遣いが難しくて断念)。部屋の掃除はせねばならぬ、と思ったけど、やらずにごろごろ。
「四畳半神話体系」が面白くないのはテーマがないから(内容がないから)かなと気づいて3話目以降見れず、全部消しました。あの作家はもともと苦手。
夕ご飯のあとはさらに2時間ほど寝た。
吐き気、便秘などの副作用はなし。

. 月曜 0時 25mg
アニメ見つつ日本酒を200ml飲んでしまう。併用注意・・。
3:00ごろ アモバンテス0.75mg飲む。横になる。頭で色々考えて深くねむれてない。
6:00ごろ ハルシオン0.25mg飲む。横になる。
9:00ごろ 目が覚める。眠れたのかなー?というか、アルコールの代謝が悪い。きもちわるい。水たくさんのむ。立ってるの無理、もう一度寝る。
12:00ごろ さらに水飲む。アルコール抜けたー。学生でよかったと思いつつコーヒー淹れる、飲む。会社員だったら月曜朝に今日休みます!なんて電話かけても迷惑かかるし。いやま、学生でも出張やら人と会うやら予定が入っている日だと休めないのですが。今月は出張全部パスさせていただいた。コーヒー飲んだ後のぱっちり感がこない?
雨降ってるし、出かけるのやんでからでいいか、と思う。
15:00ごろ やんだので出かける。17時間くらい食べてないので、お腹がすいているはずで、お腹はなるけど、空腹による悪心が抑えられているようで、食べなくてもいいかも思う。けど、一応軽いものが食べられる食堂に行く。量をいつもより減らしたのに、食べきるのがつらい。吐きそう。泣きそうだけど、食べきった。
不安感・焦燥感は一寸は減ってるのかも。ここで道を曲がってドーナツ屋行きたい->行ってる時間ない->心が重くなる、といういつものポイントで、最後の心が重くなるが、今日は無かった。

3日目なので、25mgではほぼ定常状態(適当に言うなら半減期かつ再投与である24時間後に血中に25mg分の成分が残ってるみたいな)に入ったと思いますが、感想として
なんか、頭がすっからかーんになった感じ。研究所に来てみても、焦燥感・不安感は減ったような気もするが、昨日休んだせいかもしれない。やる気が出るというわけでもない。
(一方で大好きな方が最近私の体調をきにかけてくださってて身に沁みる・・。)

2chのゾロフトスレッドを見てみた。「ま、いっかー」という効果らしい。こ、この表現だ!とか思った。このまま50mgか75mgまで増やしていただけば、その分抗不安薬を減らして、生活はできるようになりそうだけども、ま、いっかー効果でダメ人間(修了できず、退学)になりそうだ・・。それでも、ま、いっかーとか思いそう。でもこのお薬は体に合いそうな気もするので、続けたい。お医者様も、どーもこの新しいお薬の効果をいろいろな患者さんで試行して様子をみている最中のようですので、臨床情報提供の観点からも協力したいですし。あとは、やる気を別のところからうまく生成してやれば、なんとかうまくいくような気がする。
(セロトニン再取り込み阻害っつうから、やるぞー!ってなるかと思っていました。けど、抗不安薬みたいな、不安を安心感と拮抗させてごまかすっていうより、不安を取り去る(生じさせない)って効き方はいいかも。)

すなわち根本の解決は、自分でその、当座の生きる目標やらを設定してやらないと、やる気はでてこないわけで、それはお薬やお医者様に頼っててもしかたないことですから、どーにかこーにかぼーっと考える時間を増やしてなんとか疑似設定でもする努力してみますみたいな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す