• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ようやく薬がぬける時間でげんきでてきた!インターネットをする元気もでてきた、さっきまでブックマークを開く気すら起きなかった。
副作用は弱くなってるような気がする。10日でぬけるといわれてるからプラセボかもしれない。けど、飲み続けても前のように無理をせねばいけない時に体が動くまでにはならないと思う。肝臓には負担はかかりつづけるから。
主作用のほうで、やる気がでない、というのは感じていたけど、どうも、感情の下がりだけでなく上がりも抑制されているような気が。用量を増やせば、上がるようになる作用もあるらしいのですが、それは肝臓の処理能力が許さないので、無理かな☆
今まで楽しく思えていた趣味、アニメ見るとか本を読むとかもしたいとも思えないし、無理してやってみてもどーも楽しくない。ご飯も空腹感がないので食べたいと思わないけど、無理して食べる。そして、土曜なので通学せず、結局大半の時間をベットでごろごろ。食後は特に(おそらく肝臓にさらに負担がかかっていて)座っているのがつらいので、ごろごろ。あと頻脈と頭痛もする。ぐるぐると考えがめぐる。一方そのぐるぐるで悪心になることは一切ないけれども。心だけでなく体のバランスも崩れている。20年で環境に適応してきた心と体を1週間で変えるのは無理があるのかもしれない。一週間前の自分が懐かしい。

主作用だけ残っても、問題でありますから、もう断薬させていただきたいと思います・・。主治医には申し訳ないが。まあ、副作用が抜けないようなら自分の判断で薬の量は減らしていいといわれていますが。いい臨床例にはならないかもしれません。他の薬を試す時間の余裕はもうなくなってしまいました。これなら鬱を半減期の短い抗不安薬で抑えつけながらでも体の動くほうが、自分の身のためだと思う。役所での手続きやら電車代やら医療費やらいろいろかかって方々に迷惑もかかって、やっぱやめるなわけです(ま、いっかー(主作用))。抗鬱薬に頼らず生きる方法を考えねばと思えただけでもいいのかなん。

12.5mgだけ飲んで薬圧を下げて様子みるというのもいいのかもしれませんが、どうするべきか。体がそれで動くならいいのですが。でももういらないかも。

とりあえずレキソタンマンセーということでしょうか。私には。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す