j:comの勧誘手口

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
<blockquote>
    現在皆さまがお住まいの建物でご覧の1〜12チャンネルのテレビ電波放送は、ケーブルテレビ局J:COMより有線でご提供しております(ケーブルテレビ対応住宅です)。<br />

J:COMでは、安定した放送電波をご提供するために、配線の不具合の有無を確認させていただいております。各部屋での作業内容は、壁面のテレビ端子にて、電波出力レベルを定期的に測定し、異常の有無を確認いたします。

</blockquote>

云々。

という内容のチラシがポストに入っていた。
これを読むと、現在視聴しているテレビの電波がj:com経由である、と誤認してしまいそうになる。しかし実際は、j:comでも電波放送と同じ内容の番組をケーブル経由で提供していますよ、と読むのが正しい。誤認を誘う狡猾な文章です。
私がおじいさん・おばあさんだったらだまされてる。

このような良心のない悪徳商法まがいの営業を考える人とそれにゴーを出す人がいる会社であるのは大変残念なことです。おそらく会社全体が悪意に満ちた人ばかりではないのでしょうが、営業は会社のサービスを説明する重要な顔の部分ですから、そこでずるいやり方をする会社は、いくらサービスが立派でも、イメージが悪くなってしまうのは仕方がありません。

最近はケーブルTVは流行ではないですから契約が少なくなり厳しいのでしょうが、頼る手段が間違っています。
一時的に強引に売り上げを伸ばそうとすれば、今まで地道に構築した信頼・ブランドはすぐに崩れてしまい、ゆくゆくはつぶれてしまう、ということを知らない経営者なのでしょうか。

追記:
後日、黄色い紙に赤字で「点検希望日を必ず連絡してね!!」という紙が追加でポストに突っ込まれていました。訪問販売お疲れ様です。もう、怪しい人の近寄らないセキュリティロックのあるアパートに移りたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す