一週間ちょっとの出張おわり一段落で、来週の出張まで、夜寝る時間は確保できそうであるよかった。
最近寝てないので頭ぼけぼけ死にそうです。

まともな文になってないのであとで打ち直そうそうしよう。

めも
amazon kindle 3が届いたのだけど、忙しいので引き出しにぶっこんできたのですが、ちょっと触った感じはいい感じでした。kindle3とぐぐるとkindle3かiPadかとかいう、ランニングかカヌーかを比較する記事がでてきて世間様の認識がよくわからないとおもいつつも、私としては、sonyのリブリエから電子ペーパーが一般市場にでてきてから長いことかかりましたが、ようやくまともに使える端末kindleがでてよかったなーと思いました。
電子書籍元年が外からもたらされてよかったです。日本語コンテンツが充実するのは無理そうで、もう国内で電子書籍産業が発展する気はしなかったのであきらめていたのですが。(同じ電子書籍に分類されるのかよくわからないですが携帯電話用の漫画コンテンツはお金になるようですね!)

まずkindle3は英語が使えない人はまあ、買うのからしてやめたほうがいいと思います。注文からしてできないのではと思いますし、説明書も読めないでしょうし、買える書籍も英語ですので。
いいところ。目が疲れないのがいいです。紙にプリントアウトして、上にマット加工したプラスチックシートを置いた感じです。
お風呂場で本が読めるのが良いです。ジップロックにいれて、読めます。ページ送りもボタン一つです。持ち込む本を風呂に入る前に選ぶ必要もありません。ふにゃふにゃになることをおそれる必要もありません。
電子論文を読むには、横表示にして文字の濃さを1-2段上げるといいです。二段組みのpaperもズームなしで読めるくらいです。右に左にページ送りしなくても済むのは楽。老眼の人はおとなしくズームするしかないですが、書き換え速度は気になるか気にならないか、ぎりぎりの速度です。個人的には、ここまで進化したことをほめたい感じ。一方、モノクロなのでカラーの図はやはり見にくいです。そして論文のフォルダ分けはめんどくさそうな予感。この点はもうちょっと試行錯誤してみます。シェイクスピアとかは無料で読めます。
買ったのは3G+wifiですが、3Gは遅いですが設定しなくてもどこでも使えて便利です。出先でgoogleマップを表示したりできるのが便利だと思う。java scriptがオッケーということで、下手な携帯電話(私が使っているh11tとか)よりも便利かも。表示しっぱなしでも電池の持ちを気にしなくてもいいですので。月額無料ですし。wifiは設定する必要があるのでめんどくさくて使ってないです。twitterもgmailも表示できます。日本語入力はできないので日本人相手の作業はできないですが、英語ですませられることは、これで済むのは便利です。動画はもちろん無理。
あとあと、”青空キンドル”というページで青空文庫がkindle用に変換させてもらえます。ちょっとした空き時間に、電子ペーパーで日本文学が読めるというのはもう最高ですが、この感動はうまく伝わりますでしょうか。川端康成さんはまだ青空文庫に収録されていないので、電子書籍でどこかの出版社がkindle用とかpdfにして売ってくれたらさらに最高ですし買うのですが、まあ、日本の出版社には電子書籍は無理でしょうから、期待していません。残念ながらsonyリブリエで実証済みです・・。
Oxford annotated Bibleはとても分厚く重い本で、開くのが面倒で本棚に入りっぱなしなのですが、スキャンサービスに送って、電子化してもらいたいなーと思います。他の積ん読状態になってる本もスキャンしたい。あとbookoffで100円で買ってきた全集とか。自動紙送りスキャナはあるので裁断できたら自分でもスキャンできるかなー。でもめんどくさいので、電子版として買えるなら買いたいぜ。そして本棚の本を捨てる。本のもつ情報でなく、実体に価値を感じるひとが居るのはよくよく理解していますし、紙本は大切にすればいいと思います。しかし、歳をとって物全般について人生有限だから使うべきものは使いこんで捨てればいいよねって思うようになった。図書館の本を汚す人は即時に死ねばいいと思うけどね・・。

まあ、iPadにせよ、kindleにせよ、円が売られる方向には変わりないです。
最近の日本製品のがっかり感というか、市場のニーズをつかめてない感じはもうどうにもならんかんじがします。最近買う電子製品は、全部台湾とか韓国とか米製品で、10年前と比べると変わりました。価格よりも品質や使いやすさを重視しても、そうなってしまうのはよろしくない。品質を中途半端に落とした、中途半端な価格帯の電子製品がいまの日本製で、不況だから国内産業を応援しようと、無理に日本製品を選ばないといけないかなと、国粋主義者的な気持ちが出てきてしまうくらいがっかりだ。

大阪の前いた大学に出張で半日行ってきました。徹夜でなにがなにやらわからなかったけど、結構建物は変わっていました。入り口の建物がとても綺麗でびっくりしました。私が前すんでいた超ボロアパート(なになに荘という名前)は超おしゃれなアパートになっていました。昔お世話になった先生兼社長に挨拶しようと思ったけれど、日曜日だったので、あえず。余ってしまったそのおみやげを、前いたサークルに置いてこようと、行ってみたら、一人、マンドリンを弾いている人がいたので、渡してきた。そのひともM1だから十分OBだわ。あー私の青春はこの大学にいたときが最後だったのかなあ、そのころは既に青春もおわったと思っていたし、将来を悲観するほどに教育という点では酷い大学ではあったのだけども。しかし、今居るところと比べると木が多くて、よっぽど大学っぽい感じがする。昔は高専変わらん雰囲気だと思ったけれど、今よりまし。そして、疲れたいまとなっては、底辺の大学で世間様の考えるような大学生活を送って、たこ焼きを焼くような反復の仕事につくのが幸せだと思っている。そんな死んだような大学でも空きコマ3つしかつくらなかったわたしはバカですねえ。どこの予備校生だよ。
変ゼミみたいな漫画を読むと、大学生っていいよねーと思う。底辺大にはまだそういう世間様の考えている大学生がちゃんといると思うんだ。

どこかで頑張ることをやめないと、ずっと頑張りつづけなければならなくなってしまう。あきらめることをしらないと死ぬよう。

短い滞在時間だったけど、知り合いにもばったりあってしゃべれてよかった。私は別の道を進むよ。
そのあたりで一番汚くて、よく行っていたご飯やさん、みふく、がつぶれていたのでびっくりしました。まあ不動産をおもちのようでしたし、ご飯やさんは、もうけが0で趣味でやってるんではないかという感じだったので、店を閉めてゆるりとくらしてらっしゃるのだろうと考える。

大阪のe-maidにひさしぶりにいった。ごはん、前よりおいしくなくなったようなきもしたけど、それでもうまいー。全国のメイド喫茶のなかで一番うまいとか思う。そして店員さん、きれいー。二号店ができたらしくて、びっくりです。
大阪日本橋は、メインストリートが一段とさびれたような感じ。裏通りはいままでのように流行っていました。
久しぶりに行った大阪はやはり汚らしかったのですが、これはこれでいいよね、と思った。今まで住んだ中でいちばんきらいな街なのですけども。

 

Amazonで最大1500ポイントがもらえる無料体験 [12/12まで]

現在Amazonでaudible(オーディブル)の無料体験キャンペーンが行われており、プライム会員なら最大3000ポイント、会員でない方でも最大1500ポイントがもらえます。

「花火」などの小説や、英語教材などから好きなものを選んで聴くだけですので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

 こんな記事も読まれています

コメントを残す