キューバみたいに発展をやめて、のんきにくらすっていうのは良さそうだとか思った。なにげに自殺率高いけどね・・。
でもそういえば、この15年くらいを振り返ると、インターネットプロバイダAPが郡内にできてネットに3分10円で繋げるようになったり、ポケベルができて出先の家族に連絡ができるようになったり、あれよあれよで、出先で動画がみれるようになりました。*1一部の人々が奴隷のように働いたからこのインフラが整備されて、今楽しい生活ができてるんだろうなあ、と思った。
ローマには奴隷がいた。わずかな飯を対価として、単純肉体労働に励んでくれる人たちが。だから、パクスロマーナが実現できたのだろうなあ。
今は奴隷がいないので、誰かが奴隷のように働かないと、文明の発展を支えられないのではないか。単純労働の担い手の人から機械への置き換えは進んでいるけれど、警備員だとか機械では置き換えられていない部分も大きい。まだ肉体労働をする人たちは必要であるのに奴隷はいなくなってしまった。
また機械の耐用年数が存外短く、肉体労働の代わりに機械を作るのに資本を奪われるようになっただけで、肉体的には楽かもしれないが生活は楽にならないという日本の農業みたいな問題もあったり。
肉体労働が相対的に減って、一方で精神的な労働を強いられる人もいる。これは根性ではどうにもならない労働である。
それぞれのひとたちが垂直にしろ水平にしろ平等に生活をして社会不安がなく幸せを感じる社会というのは、どうやったら実現できるんでしょうかねえ。

*1:私が小学生ころに、知り合いがノートパソコンで水色時代のOPを再生するのを見て非常に感動して、手のひらサイズで動画再生できて通信できてな端末の開発を将来するぞーと幼心に思ったのですが、手元のandroid携帯がそのままそれで、私の仕事ないなーと今思った。

 

Amazonで最大1500ポイントがもらえる無料体験 [12/12まで]

現在Amazonでaudible(オーディブル)の無料体験キャンペーンが行われており、プライム会員なら最大3000ポイント、会員でない方でも最大1500ポイントがもらえます。

「花火」などの小説や、英語教材などから好きなものを選んで聴くだけですので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

 こんな記事も読まれています

コメントを残す