• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

今期はたくさんアニメを見ているのですが。
まったりアニメがなくて残念だ。安心して見ていられるのがいいのですが。

2月までみたところの私的ランクダウンは、ままま、放浪息子、フラクタル、ゾンビです。アップは、フリージング、べるぜバブ、おちんこ。
かわらずは、ドラクラ、GOSICK、IS、みつどもえ、君に届け、メリー。

結局期待していた、まままは死ぬのが楽しいけれども、びくびくしながら見ねばいけなくてダメだ。あいぽんが罵倒してくれるのはうれしいです。
放浪息子は、原作は、日常がだらだら続いて、ときどき小さなイベントがあるけれども、キャラクタが何も成長しない、っていうのがいいんですけど、アニメの脚本はよくないっすねー、というかこの話はアニメ化するの難しいだろうなーと思いますが。絵は雰囲気でていて素敵すぎるのですが。細かい事柄が切り取られていて、メインのお話だけ見せようとしているのかもしれないですが、キャラクタの心の機微がわからなくなってしまって話のおもしろみがなくなってるような。
フラクタルは設定はおもしろいなーと思ったけど、結局ディストピア展開ですか。なんでそのディストピアがユートピアとなりえないのか、ディストピアものにはその考察が足りない。私がひねくれてるだけなのかわからないけど、勤労して自由意志があるのが人間的で一番いい生き方だとかいうのは議論なしで正しいとしていいのかわからん。そして、この話の場合はさらにレジスタンスが反抗している意味がわからない。自分たちはすでに独立して、目指すところの生活をしているのに、なぜその考えを他の人たちに押しつけようとするのか。戦争をはじめてまで。相手方、主流派を悪として話は進みますが、むしろ”正義の我々”がしていることが、異教徒を殺す過激派とかわらんではないか。客観視が足りないんじゃないかなあ原作め。花澤さんの声がキャラクタにまっちしてますなー。
ゾンビですかは一話がたのしすぎたのか。ただの魔法少女アニメだったら楽しかったろうに。なんか話が難しくなってきた。
フリージングおもしろいです。無駄に裸になったりそれはどうでもいいんですけど、主人公がよく分からんけどつえーっていうのはいいですね。なんとか眼とか腕の模様がうずくぜ、的な。花澤さんの声に違和感ありまくりなキャラクタですなー。
べるぜバブはまあわかりやすいんで。
おちんこ、絵の違和感は一瞬でなくなり、キタエリさんいい味だしてるーって感じです。でも実妹じゃないのでがっかりしました。実妹じゃなかったら妹設定が意味ないだろう・・。でも今期ナンバー1になりそうな予感。
ISはヒロインがなんでそこで赤くなる・・って変なくらいに主人公がモテモテですなあ。まあへたれではないけど、漢っぷりをみせてくれないと、モテる理由が理解できない。これは安心してみられていいですね。インターセクシュアルと間違えそうだ。
ドラクラは、くぎゅぅゅゅぅゅゅゅゅゅぅぅゅゅって言いながらみています。
GOSICKは悠木さんいい声でますなーって感じ。推理小説的な作品は、推理小説の守られるべき条件的なものがありましたよね、それをいちいち思い出してしまうので楽しくないです。
みつどもえと君にとどけは前期どおりのクオリティ。君に届けは風早くん視点が増えてただのさわやかキャラでなくなったのが残念だったり、たのしかったり。
メリーはなんか設定が難しくなってきたのと主人公のわけのわからない偽善しゃっぷりがもうね、いやおもしろいんですけど。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す