• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

週末に、なんかアパートのドアを開けようとするふたり組の人がきて、大変怖かったです。こんにちはーとか言いながら執拗にベルならすし、ドア叩くし、普通の訪問販売を超えてた。さらにそのあとで別の人、こっちは女性が、セブンイレブンですー、っていって気をひこうとしたり、その後電話をかけて大声でだれかに部屋の確認をしているふうな会話をする。階段は何色で、ドアは何色で間違いないですよね?って。借金取りってこんな感じ?たぶんここで開けると、私はコンビニじゃないセブンイレブンという名前の独立個人企業で働いてる人間ですが、こっちのおっさんは違いますとか言い出すんだろうなあ。男性の方は、ドアをガシャガシャ開けようとするし。でもドアの色は黒って言われたそうなのに、家のドアは白なので、あれ、って言った後、去って行ったようです。大声で叫ぶのも、近所の人に対してこの家の人はなにか問題があると思わせて恥をかかせるためなんだろな、、。手口がかなり手馴れているっぽい。
たぶん、同一住所にアパートが二軒以上あるから、間違えてるのだと思う。
いなくなったふりして、張り込まれてたらどうしようとガクブルして週末は外にでられませんでした。
日曜夜になったので、こそこそ家をでてきたのですが、何事もなくでられたので、間違いだったのだと思われ。

アパートなので、鍵は大家さんも持っているので、実質鍵はかかってないも同然なわけです。なので、不在の時に部屋を漁られると良くないなあと、今回のことで思いまして、情報管理をしっかりすることにしました。

HDD整理をしました。必要のなくなった情報は消しました。空き領域はDoD米国国防総省の3passの消去アルゴリズムで念入りに消しました。必要のなくなったHDDは破壊しました。
あとは押し入られた時のためhddを一分以内に壊す方法を考えました。電動ドリルで穴を開けるのは早いですが、それを持っていない場合は、ネジを開けてプラッタを曲げるか割るのが早そうです。釘をハンマーで打ち込むのもやってみましたが、金属プラッタの場合は、中のプラッタが粘りがあって、なかなか割れません。ぐぐったらコンロで焼いたり、気圧調整穴を破ってから水につけたりしてもダメそうです。電子レンジにかけるとか、事後にコーラで洗う並に意味不明なことも書いてありました。マイクロ波ではプラッタのデータは消えないと思う。コンクリに数十センチから落とせば、ヘッダは歪むそうです。ので、人がきたらまず、HDDをPCから外して落とす。そしてまだ時間があればT8ネジを開けて、プラッタを破壊する。ってのがよさげ。電動ドリルは7000円くらいらしい。読み書き動作中のノートPCを机にバンバン叩きつけるのもやったことがありますが壊すまでに30秒くらいかかります。最近のノートpcはssdなので、この方法は使えないことがおおいでせう。外からスピンドル部をハンマーで叩くと、ガラスプラッタの場合は割れるって聞いたことがありますが、ほんとかどうか。実験するhddがないので今度やりたいです。金属の場合はわれないでしょうね。あとは、シーゲートの一部やIBM製なら、密封シールを破ると中のプラッタにアクセスできます。そこに釘を立てるのは早いかもしれません。日立製はそれはありません。しかも日立製は、圧力調整穴の位置もプラッタを避けるように配置されています。日立製は壊しにくいので二度と買わないようにします、、

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す