• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

いまごろdissertなんとかをかきはじめたという話で、今月中にこれと、ひとつ論文を仕上げたいところですが。今月は後何百日のこっているのでしたっけ。仕事納められんのはいやかも。
部屋の掃除をがしがしやっています。なんかがっさーと模様替えしたら、散らかってしまって、片付けていたら、大掃除の様相になってきたという。空間を広くとりたいなあと思って、そう動かすと、もちろん、いままでモノが占めていた空間からモノをなくす必要があって。捨てまくったり、収納仕方を変えたりとかせねばならない。amazonでごみ箱とか、パソコンを載せる平台車を注文したりしました。あとシャワーカーテンも。ごみ箱はフタ付きの、3つに分別できるもの。結構高いのね。。ごみ箱って。
部屋の圧迫感をなくすためには、高いものは壁につけて、座るスペースはそこからはなす。部屋の中央部にむけてだんだんと低いモノが配置されるように。するといいようですね。
あと2日ぐらい、掃除すれば、ようやく普通の部屋レベルになるのではないかしら。
オサレな間接照明とか、ふわふわカーペットなんかも配置すれば、部分的には雑誌で紹介されてるような感じになる予感…!?

ってくらい劇的に、迷路部屋から吹き抜け部屋、っていう変化があった。
自分でもびっくり。
ひとから、「君のうちは毎回予想を裏切ってくれるくらい散らかっている」って言われるくらいだったのに。趣味が変わったのだなあ。電子工作とかプログラミングとかのそういう趣味だと、一点に集中してする作業になるので部屋が散らかってることよりもすぐ手の届くところに道具があることの方が重要で、散らかる。毎回片付けると、翌日続けて作業するのに差し支えるしね☆みたいな。エッセンシャルオイルとか香りもの好きだなあってときは、ちょこっと片付けたかも。空間の綺麗さもたいせつだから。でもレース編みは電子工作に近いかな。ドールかったりしたり今年度はじめくらいからは、断捨離もはじめて、半年たって、今ようやく片付く目途がたってきた感じ。
綺麗にするには、収納を買えばいいだけのはなしなのだなーと気がついたのです。しまう場所さえ決めてしまえば、洗濯し終わりを待っている時とか、パスタがゆで終わる数分の間とかに、ころがっている道具をぶちこめますもん。収納はたくさんあっても当座は困らないって気づいて、あまり考えずかえるようになりました。100円ショップで化粧品いれたりできそうなカゴとかごみ箱とかをかってます。安いので、バリが残ってたりしますけど、安いのでいいなーと。フランフランフランに行くと、800円くらいでいくらかましなごみ箱とかもあるのですけど。まあそういうのは、見せたいところにすこし使うくらいでいいなと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す