洋裁道具が揃いました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket




ジャノメミシンME830と新文化ヌードボディ(トルソー)と、細々とした洋裁用品を買いました。

ミシンは、布の押さえ圧が調整できるもの、という条件だとネット実売4万円からとなります。4万円のJP510系(JP710)が候補だったのですが、よく調べると上位機種のME830というのがあってそれも価格が変わらなかったので、こちらにしました。ただME830はネット販売禁止機種なので、お店に価格問い合わせせねばならないのが面倒なところです。JP510と比べると、楕円?送り->BOX送り、厚調整が4->6段階、糸切り付き、電球->LED照明と良いです。デザインは可愛くないですが。
フットコントローラー白 MODEL FC80-00(033-272-111)も買いましたが、新しい型のフトコンだけあって速度調整がしやすくて良いです。安いフトコンは中間の速度を出すのが難しいですが、これはヌメヌメ思い通りに動かせる感じです。
もっとお金を注ぎ込めるならば、やはりJUKIの直線ミシンとロックミシンの二台持ちが洋裁には良いのだろうと思いました。

私は、PS202という2万円弱のミシンが既にあるけれど、すぐに使えないところにあるので、手元にもう一台置いときたいということで、ミシンを買ったので、PS202と同ランクのものは避けました。より安いランクのミシンにしようかと思いましたが、PS202はニット縫いが難しかったので、某巨大掲示板でも最低条件として入っている押さえ圧調整付きのランクのものから選ぶことにしました。なおPS202は可愛いし、使い勝手は良いし、下糸弱めというブラザーの特徴を持っていて、”普通”の生地だけ縫えて、他に縫えないものがあっても諦めるし、ということならば、この価格ではおすすめできるミシンだと思います。
ミシン選びは、ネットで検索してすぐ出てくる情報はあまり当てにならないので注意しなければならないと思います。ミシンの安売りのネット店だと、「レビューを書いて保証延長」みたいなことをしていますので、ミシンを買った直後に数回縫ってみただけのユーサーの絶賛コメントしかなく、どのミシンも良く見えます。延長保証もらうためにレビューを書くのにあまり悪口もかけないだろうし。客観的に、モーターがxxワットだから、どれどれのミシンより馬力があってよい、とか、修理してる人曰く軸が曲がりやすいミシンだとかとか、などという話はよく調べないとでてきません。ミシンはあまり買い換えるものではないので、使用感の比較もされにくいと思われます。しかし、「ジーンズの裾上げができれば良いです」とか言う初心者多すぎな気がしますけど、ほんとにジーンズの裾上げなんてするのか謎です。私が知らないだけで、頻繁に足が短くなる人たちもいるのだろうか。私は厚物縫いの予定はないので馬力は気にしないで選びました。

トルソーは、新文化ヌードボディだと、キイヤと比べると、人間の身体に似せてでこぼこが作ってあるので、よいと思う。でも今時の形の洋服を作るならば、バストトップの間が大きく凹んでなくてもよいのでキイヤので十分だと思う。それでもこれを選んだ理由は欲しい体型にちょうど合ってたというのが大きい。ただし価格は高い。送料込みで35k円でした。注文した翌日に発送してくださったようで大阪からすぐ届いた。
トルソーはスカートを履かせるときに、背面投げみたいな形でトルソーを担いでスカートを履かせたのだが、なかなか大変。そしてパンツ(股あり)は履かせられないのが盲点であった・・(軸があるため)。
トルソー底面に書いてあったことには、生分解性プラスチックということで20年で分解してしまうらしい。今回届いたのは2年前の2011年製だったので、あと18年しか使えない。トルソーは長く使うものですが、、まあ18年使ったら新しい体型のが必要になるだろうから良いか。

洋裁道具については、文化学園購買部から購入しました。カラー文鎮が可愛い。普通の文鎮なら420円で買えるところですが、700円します。あとは定規類をひと通り買いました。

洋裁本も新しくなった「洋裁百科」と文化ファッション大系と「綺麗に縫うための基礎の基礎」を買いました。文化ファッション大系は堅めの本ですが、隅から隅まで洋裁のことが載っているので、本屋で並んでいる初心者本を買うより、これを揃えるほうがずっと役に立ちそうです。と思っていたので三冊目の本は買うつもりがなかったのですが、本屋で立ち読みしたら、細かいノウハウが載っていたので買いました。待針で布をとめる方法でも、裏をすくいすぎるとダメとか、生地の両端を止めてから、真ん中を止めてゆく、とかいう話。手縫いの玉のつくり方も、写真で載っているので指の使い方が参考になりました。綺麗なやり方とか、効率の良いやり方がわかるのは良い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す