洗濯槽の掃除

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

洗濯した服に黒いゴミがつくようになったので、洗濯機の掃除をしました。ぐぐったところ、市販の洗濯機洗浄剤は不十分で、酸素系漂白剤をつかうとよい、とのことだったので、「カラーブリーチ詰替用 酸素系漂白剤(粉)750g」を330円ほどで買ってきました。ワイドハイターの粉も同じような成分でしたが、こちらのほうがやすかったので、こちらにしました。粉石けんをいれると良いとのことでしたが、界面活性剤が漂白剤に含まれていたので、省きました。粉を洗濯機へ一袋入れ、その上から50Cのお湯を風呂場の蛇口から桶で数十回汲んで注ぎました。泡泡です。

洗いを一度回すと、ボロボロ黒い汚れが取れました。
洗濯槽のフィンではなく、槽自体を回すモードの方が良いそうですが、そのモードはなかったので、フィンを回す標準のモードを数回繰り返しました。汚れをとる網を買ってくると良いとのことでしたが、糸とり網があるので、それで代用しました。網をつけたまま洗いをすると、黒い汚れは網にたまってゆきました。

数回洗っただけでは、汚れがボロボロ落ちてきたものの水は白かったのですが、6時間おいてみると水が黄色くなりました。随分綺麗になってきているようで、よい。

12時間ほどおいてから、脱水をするつもりです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す