本など

「ベロニカは死ぬことにした」を読んだ.小説の形をとった啓蒙書.斜め読みをして紙ゴミに捨てる結果になった.啓蒙書がなぜベストセラーになるのかわからない.何も考えずに生きている人には楽しいのかもしれないが,まじめに生きている人にとっては失礼で時間の無駄でしかない.「チーズはどこへ消えた?」もそうであるが,本の中で,他の人にもこの本を勧めるべきだ,と書かれているのをその通りに実践した人たちは,自分が気持ち悪いということに気づいていないのだろうか.

「朗読者」を読んだ.前半はふわふわとしたフィクションで,後半がノンフィクション,のような雰囲気の小説.本筋と関係ない描写もあり,私小説ではないかと思わせる雰囲気である.主人公が20-30代のときに,昔の恋人が老婆になっている,というのは,人間と人形,人間と神,あるいは人間と不老不死などの,歳を取らない存在との恋物語を思い出させた.面白かった.

 

なお、現在Amazonではaudible(オーディブル)の無料体験キャンペーンが行われており、「花火」などの小説や、英語教材などから好きなものを選んで聴くと、プライム会員なら最大3000ポイント、会員でない方でも最大1500ポイントがもらえます。

12/12までですので、Amazonを利用している方は一度確認しておくと良いですよ↓

Amazon Musicの3ヶ月99円 期間限定キャンペーンもはじまっています↓

 

 こんな記事も読まれています

コメントを残す