emacsで改行位置に記号を表示する

emacs にデフォルトで入っている whitespace-mode(マイナーモード)を使い,改行を記号で表示するようにしました.


(autoload 'whitespace-mode "whitespace" "Toggle whitespace visualization." nil t)
(add-hook 'gnuplot-mode-hook
      '(lambda ()
         (whitespace-newline-mode)))
(setq whitespace-display-mappings
      '((newline-mark ?\n    [?\x2193 ?\n] [?$ ?\n])    ; end-of-line
    ))

一行目のautoload だけしておいて,使いたいときに M-x whitespace-newline-mode と打つと,そのバッファで改行が$で表示されます.特定のメジャーモードのときに自動で読み込むようにするには,2行目のようにhookで読み込ませます.2行目では gnuplot-modeに切り替わるときに自動でwhite-newline-modeとなります.setqの行は,改行文字を↓に変えます.

空白,タブの表示もできますが,全部onにすると目がチカチカするので避けました.emeditorなどだと改行位置に改行文字"↓"が表示されて,行末に無駄なスペースがあるのに気づくことができますが,emacsではデフォルトでは改行位置が表示されませんので,この作業をしました.

 

なお、現在Amazonではaudible(オーディブル)の無料体験キャンペーンが行われており、「花火」などの小説や、英語教材などから好きなものを選んで聴くと、プライム会員なら最大3000ポイント、会員でない方でも最大1500ポイントがもらえます。

12/12までですので、Amazonを利用している方は一度確認しておくと良いですよ↓

Amazon Musicの3ヶ月99円 期間限定キャンペーンもはじまっています↓

 

 こんな記事も読まれています

コメントを残す