FT232RLを使ったUSB接続AVRシリアルライタの回路図をアップした

f:id:beiz23:20090621032718j:image
(前の「そのうち回路図書く」と書いたエントリにもはっておきました。
アプリケーションノートほぼそのままと、TXDを反転させているだけです。
USBの電源を安定させるパスコンは、手の届くところにあったのを適当につけただけなので、アプリケーションノートどおりに100nF->10nFにしたほうがよりいいかもしれません。フェライトビーズをお持ちの方もぜひつけてください。高周波ノイズが減ります。

 

http://www.suigyodo.com/online/schsoft.htm
回路図を描くのに使用させていただいたのはBSch3Vパッケージ 090620版です。
以前よりずいぶん使いやすくなっています。ありがとう!ありがとう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す