gnuplot & eps

ubuntu gnu/linux環境での epsビューア 4種類

ubuntu gnu/linux 環境で epsを表示することができる epsビューア 4種類の紹介をします。

gnuplotで eps出力した画像の確認に使用するため、ファイルが更新されたのを感知して自動で再読込するかにも注目して紹介しています。
続きを読む

gnuplot postscript

gnuplot の postscript って変じゃない?と思って、”gnuplot postscript 変”とググったけれども、でてこなかった。crazyとすればよかったのか。まあいいや。

set term postscript enhanced eps
とepsオプションを指定すると、a5サイズで出力されるよう。指定しないと横向きのa4サイズ。
なので、a4ノートに貼るのにちょうど良いのはa5サイズなので、これをa5用紙に直接印刷すればいいと今頃知りました。

psmerge hoge.eps foo.eps | psnup -2 -m30 -f| ps2pdf -sPAPERSIZE=a5 – tmp.pdf
acroread tmp.pdf
などとして、プリントプレビューの様子をみてから印刷したりね。
acroreadにパイプ渡しする方法はあるんだろうか。

psnup -Pa4 -pa5
などとすれば拡大縮小おもいのまま。

あとset term psでplotコマンド二回打つと、図の二枚入ったpsになるらしいので、psmerge
する手間が省けますね。

gnuplotでplotするときにはshが使われるので、shのリンクをzshにしてます。すると、逆パイプというのか、二つのコマンド出力を一つのコマンドに送る的な使い方ができて、完全なものになります。つまり
p “< join -1 1 -2 2 <(tail -n +13 foo.dat) <(awk ‘NR>30{print $1,$5}’ <(cat hoge.dat fuge.dat)) | awk ‘BEGIN{b=3};NR/2==1{print $3+$5,$1,b};b+=$2;'” u 1:2 w l
的な感じでgnuplot上でデータ処理できます。
これは今適当に打ったので意味のない処理ですが。

emacsで画像をみる

howmで画像をインライン表示できんかなーと思って探してみたのですが、emacsの標準機能であったので、私の場合はそれで十分だと思った。
iimageで、ホームディレクトリを示す”~/”は、標準で展開してくれないみたいだから、フルパス書くべ。
あー。でも、epsファイルに対応してないのが難。epsをpngかなにかに変換して表示とか、しなきゃならんのかな。
elispファイル読むかー。-> image.elに表示コードが。
(insert-image (create-image “foo.png”))
で、画像挿入できます。postscriptは認識するようになっているのですが、私の環境andファイルでは表示できないぜよ・・。eps2epsしてもダメか。

emacsで画像をインライン表示

M-x iimage-mode

フォルダ内の画像をサムネイル表示

M-x thumbs

Meadow/Emacs memo: 表・図・画像などの表示・作成

割付印刷 on gnu/linux

epsファイルを二枚割り付け印刷するのに、psnupをつかったり、

縮小印刷するのに、psresizeを使っていたのですが、

lpoptionsでnumber-upとかmediaとかいうオプションがあるなら、

lpoptions -o number-up=2

とか

lpoptions -o media=a5

とかしてしまうのが楽かなあと思った。