手芸

洋裁いろいろ


切り躾は大変で精度を出すのが難しいということで、チャコピーを使ってみました。チャコペーパー社のチャコペーパーが良かったですが、オカダヤにはクロバーのチャコペーパーであるチャコピーしかなかったので、それにしました。両面で水で消えるものです。水で消えるものの方は扱いがめんどくさそうですが、軽い力でも印がつきやすいそうだったので、こちらにした。ルレットもクロバーのものですが、柄でルレット先端が隠れてしまい、線を正確に引きにくかったです。柄が伸びてるタイプのルレットの方がよいと思います。両面チャコペーパーで縫い目の印をつけて、その後、定規とチャコペンで裁断線を印してゆきます。なかなかよい感じです。縫い目は、直線ならば全部しるし付けする必要はないのですが、全部しるしをつける方がミシンで縫うときにズレがわかりやすいので私はそうしています。


仮縫い用のシーチングの匂いが気になったので、練習を兼ねて水通しをしました。お風呂で5時間ほど水につけて、それを干しました。陰干しするべきだそうですが、室内に十分なスペースがなかったので、外に。しかし、仮縫い用途ならば、作ったものを洗濯したりしないので、水通しは必要なく、地直しだけやれば良いようです。水を通すのは予め縮ませるためです。水通しをすると生地には少なからずシワが入るので、その分地直しは面倒になるようです。うまいこと干せば別かもしれませんが。


ユザワヤの仮縫いシーチング薄が、いつものセールで10mで1000円ちょっとという格安だったので30m買いました。仮縫い用なので印が入っていたりしますが、なんて書いてあるのか、解読不可能です。こちらも匂いが気になりますが、アイロンをかけてみたところ、そこまで香りがたつというわけではなかったので、そのまま使うことに。匂いはテントの匂いみたいな、粉っぽい匂いです。


地直しして、折った布。横糸を通すのには、薄い布の場合は、私は手で布を割いています。すぐ横糸が通るのでよい。


文化の教科書に載っていた、ヒップボーンスカートを途中まで作ってみた。ダーツをなくすのには、サーキュラースカートみたいに裾を広げる方法はセミタイトスカートで覚えましたが、今回のはヨークに切り替える方法のようですね。腰履きにするために2cm分ローウエストになっています。インバーテッドプリーツの納まりをよくするために、裾を1cmプリーツ側に延長する方法はなるほどーと思った。不織布の接着芯は目の方向がない、ということですが、私の持っているバイリーンの不織布は目があって、横とバイヤスに伸びやすくなっています。表の布と同じ目の方向に合わせましたが、それだと表の布の伸びは防止できないなあと思った。生地にハリを持たせるという目的は果たせた。縫製が下手だけど続けていればそのうち慣れてくるだろう、、。ヨークの曲線部を縫うときに、布が浮いてしまって、製図を失敗したかなあとおもったけれど、曲率の違うものを縫い合わせるときには、縫い線の長さが同じでもその左右で布の長さが違うので、布が浮くのは当然のことだと気づいた。しかし、縫うのは難しい。

家庭用ミシンの売り方が変

また家庭用ミシンがほしいなあということで、自分に合うミシンを探してみました。

やはり高価なのは高機能で、適切に設定しなくてもうまく縫えてしまうようになっている。そのため初心者やたまにしか使わない人に勧められるのは、4-6万のミシンだそうな。
特に押さえ圧調整がついていると、伸縮素材なども苦労せずに縫えるそうな。紙を合わせて縫う方法とかを使わなくてよい。自動糸調子がついていると、糸調子を合わせるために要らない布切れで縫ってみるという作業がいらない。水平釜よりも垂直釜のほうが糸の締りはよいが、水平釜のほうが糸調子のが多少ずれてても、絡まらず縫えてしまうらしい。
私は、機械に強いほうだし、ミシンを使うのも趣味なので手間がかかってもかまわないので、1万円台の安いので良いと思った。ミシンを一度ばらすくらいして、糸や押さえ圧の調整がどこで行われているか知っておいたほうがよいと思うくらいなので。

 

あとは、一年前にミシンを買った時も思ったが、家庭用ミシンは、メーカーが製品の情報をなるべく隠して売るようにしているよう。ジャノメとかは公式Webページでは商品情報はほとんど載せないとか。同じ商品でも、販売ルートによって型番が違うとか。中身は同じでも色が違うと型番が違ったり。(500とか510は違う製品だけど、510と710は同じ製品とか。ミュール、フェリエ、シャリオ、アデッソ、アセンティは同じ製品)ブラザーはどの型番とどの型番が同じ製品か公式に載っているけど、ジャノメではみつからず。「インターネット販売禁止機種」という変な言葉も作って、ネット販売をメーカーが禁止しているよう。
メーカーの収益を維持するための方法として、この方法が取られているのだとか。
隠しておけば、消費者はミシン屋さんに行って初めてミシンの情報に触れられるので、「この型番のが欲しいのですが。ネットではこの価格でしたが」という買い方をして、安く買われることがないということ。「こういう事のできるミシンが欲しいのですが」とだけ言ってくれればミシン屋さんが、店にあるミシンの中からその人にあったものor売りたいものを、競争価格ではなく店の価格で売れるというわけ。
消費者の利便性や、良い製品を自分で選ぶ、ということをメーカーが阻止しているわけで、生産と消費の良いあり方とは言えない。それはメーカーもわかってやっているのだろうけど。収益を確保するためにいい製品を作ろう、ではなく価格が安くならないための仕組みづくりに四苦八苦しているのが、残念。

 

ネットやミシン屋ではジャノメが良い?と聞くけども、正しい情報が入らないので、なるべく避けようと思います。その情報すらジャノメのステマではないかと疑ってしまうくらい、客観性の高い情報が少ない。ブラザーはミシン専門メーカーでないからか、情報が規制されすぎておらず、選びやすいので、ブラザーの好感度は高いです。シンガーも情報はちょこちょこ見つかる。

この前買ってきた本は左の本(3/30発売)ですが、あたらしく中の本も4/30に発売されたようです。ドイリーとモチーフの融合的な、おしゃれなパターンが載っていそうで、これも欲しいところです。
一番右のドイリーパターンもよさげですが、ドイリーだけだったら、こっちの本のほうが点数は40点ですがバラエティに富んでいそうです。

ユザワヤ柏店にいってきた

柏の葉ららぽーとのトーカイという手芸屋さんは品揃えが悪いので、柏駅の近くのドンキの4F、ユザワヤに行ってきました。
毛糸ゾーンのなかに糸メーカ別の棚があって、びっくりしました・・。
私のお目当てはオリムパスなどの40番台レース糸だったのですが、全色揃っていたので、じっくり色を確かめつつ選んできました。
ダルママークの糸も並んでいましたし、どこだったかのメーカの#40の色糸が50g x3 で900円で売られていたりもしました。
DMCなど海外のものは見あたりませんでした。買いたくなったらネット通販でドヰ手芸品 http://www.doishugei.com/index.html とかで買うかな・・。


結局、このオリムパス金票40の4色を選び、あと欲しかったフラワーレースパターンの本も買えました。
しばらくはモチーフよりも、ドイリーをメインで編もうかなーと思うので、単色で編んでも敷物になりそうな、落ち着いた色目のものです。
モチーフ編むなら#20とかエミーグランデの太さのが良さそうだし。

あとは、ネット編みをしました。

ひたすらネット編み。色糸のほうがよかったですかね。
あと、この綿麻混毛のリコットという藤久の糸は、太くなったり細くなったりと、太さが安定していなくて、嫌いです・・。たぶんもう買いません。