未分類

WLI-UC-GNM2 で数時間でwifi接続が切断される件

WLI-UC-GNM2 で数時間でwifi接続が切断される件は,powermanagement offにすると直る話.

WLI-UC-GNM2は,gnu/linuxで多くの場合自動認識されて使いやすいWifi-USBアダプタです.ドライバは,rt2800usbなどが使われます.一方,感度は非常に悪いので,無線ルータの近くでしか使えません.

そんなWLI-UC-GNM2ですが,無線LAN親機に接続して数時間ほっておくとwifi接続が切れてしまいます.これは,ワークステーションでも,PCでも,ストロベリーpiでも起きる症状です.二台目のWLI-UC-GNM2でも起きました.

ググると,このアダプタはパワーマネジメントに対応できていないようで,パワーマネジメントを切ればよいとわかりました.

http://askubuntu.com/questions/85214/how-can-i-prevent-iwconfig-power-management-from-being-turned-on
を参考に

sudo iwconfig wlan1 power off

としてパワーマネジメントを切って様子をみます.すると,2日経っても切れなくなりました.
この設定を,永久化するためにつぎのようなファイルをつくりました.

sudo vi /etc/pm/power.d/wireless

ファイルの中にこの一行を書き込み.

/sbin/iwconfig wlan1 power off

これで,再起動してもパワーマネジメントがoffになり,wifi接続が切れることはなくなりました.

挿し木したワイヤープランツの植え替え

ワイヤープランツを鉢に植え替えました。ハイドロカルチャーにします。
3週ほど前にワイヤープランツを袋いっぱいにバッサリ剪定して、その一部を花瓶に挿して根が出るのを待っていました。

だいぶ根が伸びました。ここまで伸びると根が絡まって植え替えしにくいので、もう少し短い時にするのが良いです。


鉢は、100均ダイソーで買ってきました。こういうものはセリアのほうが充実してますが、家の近くにないのでダイソーで。湯のみと、吊るすことのできる4号くらいのサイズのプラスチックの鉢を買いました。室内で、水耕栽培をするので、底に水抜き用の穴のあいてないものを。


まずはゼオライト(これも100均。orミリオンA)と、イオン交換樹脂を鉢の底に入れます。



内鉢の底にハイドロボールをいれ、その上にワイヤープランツを置き、根がかくれるようにハイドロボールを上から流し込みます。ハイドロボールは予め軽く水で洗っておくと粉が落ちて、水が汚れにくくなってよいかも。これで完成です。内鉢(3号)と水位計とイオン交換樹脂はアイリスオーヤマの通販で買った。なくても良い。ハイドロボールは100均。

新しいフェンダーをつけた。

ジャイアントのフェンダーが割れたので、AKI WORLD(アキワールド) ALLOY BOARD FENDER COMFORT 700C WHITE FD-CC-026を買って、取り付けました。付属のネジは足りないので、適宜調達しました。


M5x30で長さがギリギリでした。

フルフェンダーなので、ジャイアントのものより泥を浴びにくくてよいです。
リアのステーは二本あって安定しています。
公式でおすすめされているクラナ シーライト700 700c用フェンダーは、ステーが1本で、振動などでタイヤに触れて一ヶ月くらいですぐ壊れることもあるそうなのでやめました。