未分類

ジャイアントのフェンダー

GIANTのESCAPE R FENDER SETという泥除けの後輪部分が3ヶ月で振動で割れてしまって、接着剤でつけたりしてみたけど、またそこで割れるのでどうしたものか。耐候性のある接着剤をつかったのだけど。ぐぐってみると、このジャイアントのフェンダーは同じ3ヶ月で同じところが割れたという話がでてくるので、こういうものらしい。残念だ。5k円ならば、他メーカーならポリカ製とかアルミ製の丈夫なものが買えるのでそれにしておけば良かったなーと思いつつ、別のフェンダーを買おうか迷っているところ。このフェンダーは前輪部が十分前に出ていないのと、後輪部が前後に十分出ていないので、泥がかかり洋服は汚れますので、買い換えたいところ。

コレールに細かいヒビ

ヤマザキかどこかのパン屋さんの特典でもらったコレールの食器は10年近くつかったけど、この前オーブンで長時間焼いたら、油が多く触れてた皿の部分がザラザラになってしまった。よく見ると表面に細かいヒビが一様に入っている。それ以降、このお皿でカレーを食べたら、カレー色が着色してなかなか落ちないので、表面に細かい溝ができてることを裏付ける。コレールは割れると悲惨なことになるので、そろそろ捨てどきかなあと思った。直径20cm、高さ4cmの皿なので、1500円の深皿というやつが大体同じだ。100円代の陶器の食器と比べると高いけれど、使い勝手が良いし綺麗なので、自分で買うとしてもコレールがよいと思う。

つれづれ

お風呂場に換気扇がないのと、窓はついてるけど、網戸がついてない。
ので、網戸の網を一枚分(2m)アマゾンで500円程度で買って、50x80cm程度に切って、それをグルーガンで窓枠につけました。窓枠はアルミ部分の露出がほとんどないので、窓枠につけたというか外壁につけた。両面テープでつけたら、凸凹があるのでまともにくっつかなかったので、グルーガンでつけたという経緯。これで虫の侵入を気にせずお風呂場を乾燥できるようになったぞ。

今度はラジオでもつくろうと、無線回路に手を出していますが、ゲルマニウムラジオは作ったものの鳴りませんでした。多分田舎で電波が弱いから。アンテナは100Vコンセントアンテナもつかってみたのだが。テスターをAC300Vレンジとかにして、片方を手に、片方をコンセントに差すと、針が振れる穴と振れない穴があって、振れない穴がGNDなので、そこにアンテナをさしてアンテナとする。下手すると感電する。

そういうわけで、スーパーヘテロダイン方式のAMラジオでもつくろうと思いました。山水トランスST-32は8Ωのスピーカを出力段のトランジスタでドライブするのに最適ですが、630円と高いので諦めます。オーディオアンプICを出力段に使えば、電力増幅用のトランジスタもいらないし、トランスも省けるようで、ごそごそ工具箱を探したら、ジャンク基板にTA7368Pがあったのでこれを剥がしてつかえばよさそう。そうすると2石と1ICのスーパーラジオ、ということになりますか。ボリューム用の10 kオーム可変抵抗も手元にある。あとは、OSC, IFTコイルだけども7 mmのが蛇の目基板に刺さるらしいが、10 mmのほうが流通している。1.9 MHzのFCZコイルは6つ見つかったが、これは流用できないかな。

SONYのラジオでもAMでは一局だけノイズの中から微かに人の声がするとわかる程度でした。他の局はまったく聞こえず。というわけでアンテナをどうにかしないとスーパーヘテロダインでもだめそうです。