ペンの光 かな部に挑戦してみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

昨日、初のペンの光が届きました規定部には投稿することにして、それと自分で行う漢字の練習だけだと物足りないかもしれないので、かな部にも投稿してみようと思いました。

かな部は平安がなを学びます、と書いてありましたが、昨日届いた日ペンの硬筆書写テキスト「変体かな」によると、現代的な漢字仮名交じり文を、芸術的にするために平安時代の書体風に書いた調和体というもので、平安時代に使われていた文字とは異なるもののようです。

そうすると、実用的な意味はないですし、歴史的な意味も薄れますので、学ぶ意欲が削がれる感じですが、まあ昇級に行き詰まったときにまた考えようと思います。

草書の練習にはなりそうです。

 

練習前に、お手本をみながら書写してみました。

記念に写真をとりました。

現在は流れもなにもないですが、提出までには、提出できるようなレベルまで持っていきたいと思います。

とりあえず、「10級」と級がつくだけでも、習字を始めた感じがしてよいと思いますしね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す