Colaboratoryでimshowをするとカラーではなくモノクロマップになることの対策

Google Colaboratoryでplt.imshow()をしてみたところ二次元マップがカラーではなくモノクロで表示されてしまいました。

これをカラーマップに変更する方法を紹介します。

 

モノクロになるのは、matplotlibのデフォルト設定がモノクロになっていることによるものです。

カラーマップにするには次のようにします。

import matplotlib.pyplot as plt

とインポートしている場合は、

plt.rcParams[‘image.cmap’] = ‘jet’

とします。

 

ここでimage.cmapパラメータをカラーである”jet”に指定しています。

これでプロットし直すと、マップがカラーになります。

 

cmapパラメータの設定値一覧は、次の記事を参考にしてみてください。

matplotlibのcmap(colormap)パラメータ一覧。

 

以上、Colaboratoryでimshowをするとカラーではなくモノクロマップになることの対策でした。

             こんな記事も読まれています          

コメントを残す